安心・安全なインプラントナビゲーションシステム「X-Guide」を導入

GDHインプラントオフィス札幌では「X-Guide(エックスガイド)」を導入しております。

Xガイドは、顎の骨のCTを撮影した後、コンピュータ上にて診断、分析、治療のシミュレーションを行い、そのシミュレーション通りに手術が行われるよう、ナビゲーションしてくれるシステムです。

簡単に言えば、GPSを使用した次世代のナビゲーションシステムのことです。

CT検査から手術までのすべての工程がデジタル化されているため、誤差が極めて少なくなり、従来より正確かつ安全にインプラントを埋入することができます。

・X-Guideのメリット

①インプラント手術までの治療の回数、期間が短縮されます。
②インプラント手術の誤差が少なくなります(誤差は約0.2㎜以内)。
③骨の中(神経や血管など)をGPSでリアルタイムで確認しながら手術を行えるため、より正確で安全なインプラント手術が可能となります。
④従来のマウスピース型のガイドと比較し注水量の問題によるヒーティングが少ない。
⑤従来のマウスピース型のガイドでは開口量の制限がありましたが、X-Guideでは口の開けずらい方でも施術可能となります。

・従来のナビゲーションソフトとの違い

これまでもインプラント手術のナビゲーションシステムはありましたが、従来の方法ではCT撮影後、専用のプランニングソフト(インプラント埋入位置をシミュレーションするソフト)で埋入する位置や角度、使用するインプラント体を計画した後に、そのとおり安全に手術を行うために、手術時に装着するサージカルテンプレート(マウスピースのようなもの)を作製し、それを装着したうえでインプラント手術を行ってきました。

この方法ではサージカルテンプレートの製作に時間がかかり、製作後も実際に口腔内に装着できるように調整が必要となるため、さらに時間がかかります。お口が開けにくい方ではサージカルテンプレートを装着できないという欠点もありました。

また、様々な工程を踏むため少なからず誤差が生じます。

その小さな誤差も積み重なると、最終的に大きな誤差となってしまうリスクもあります。

テンプレートを装着すると誰でもその通り埋入できますが、逆に言うとテンプレートに誤差が生じてしまうと、間違った通りにインプラントを埋入してしまいます。

一方、Xガイドでは、CT撮影から手術までの工程がデジタル化されるため、期間が短縮され、誤差のリスクを抑えることができます。

また、テンプレートを使わずに、GPS測定によるナビゲーションシステムを用いるため、インプラントを最適な位置、最適な角度で確実に埋入することができます。

患者様の来院回数も減らし、治療期間も短縮でき、安心してインプラント手術を受けていただくことができます。

インプラント関連ページ