インビザラインについて

GDHインプラントオフィス札幌のインビザライン治療についてご紹介します。

・GDHインプラントオフィス札幌のインビザライン治療

GDHインプラントオフィス札幌では、抜⻭矯正、⾮抜⻭矯正、軽度から重度の叢⽣(⻭並びのでこぼこ)まで幅広い症状の矯正治療に対応しております。

見た目を美しく仕上げることはもちろんのこと、歯にかかる力のリスクをコントロールするための噛み合わの改善も考慮した矯正治療を行います。

GDHインプラントオフィス札幌には矯正治療だけでなく、歯周病、噛み合わせ、補綴、インプラント、口腔外科、審美的治療など様々な歯科領域を専門とした歯科医師が在籍していますので、矯正治療だけでは対応できないケースでも対応が可能です。

・インビザラインとは

インビザラインはマウスピース型矯正装置を使用した矯正治療のシステムです。

2週間に1度マウスピースを交換していくことで、少しずつ歯を動かし、理想的な⻭並びに近づけていくことができます。

透明な目立たないマウスピースを装着するので、従来のワイヤーを使った矯正と違い、矯正治療中の⾒た⽬が気にならない、矯正治療の痛みが少ないなど、たくさんのメリットがあります。

基本的に1日20時間のマウスピースの装着をお願いしていますので、食事や歯磨きするときはマウスピースを外して頂いて構いません。

また、事前に3Dシミュレーションを行い、⻭がどのように動いていくのかを確認することができます。
治療前に治療のゴールを確認してから矯正治療をスタートすることができるのも安⼼です。

・インビザラインの特徴

①透明で目立たない

インビザラインのマウスピース型装置は、透明で薄い独⾃の素材を使⽤しています。

他社製のマウスピース素材と比べて、歯をより正確に移動させることができ、装着感や審美性にも優れています。

そのため、装着していても⽬⽴たないので、会話をしていても周囲の⼈からほとんど気づかれません。

②食事の時は装置を取り外しできる


ワイヤー矯正の場合、歯に直接ブラケットを固定するため、矯正治療中の食事が大変不便でした。

食べ物などがワイヤーに挟まったりするため、口元を気にしながら食事をすることになり、友人との食事や仕事の会食など、とても不便に感じる方が多かったです。

インビザラインは取り外し可能なマウスピースを使用するため、ご⾃⾝で取り外しが可能です。

⾷事をするときにはマウスピースを外して、矯正装置を気にすることなく普段どおりに⾷事ができるため、矯正期間中も友人との食事を楽しむことができます。

③痛みが少ない

従来のワイヤー矯正の場合、歯の1点にブラケットを固定し、そこから力をかけて歯を動かしていました。

インビザラインの場合、マウスピースが歯全体を覆うため、ワイヤー矯正よりも多方面から力をかけることができるため、痛みが少なくなります。

また、ワイヤー矯正の場合は、月に一度ワイヤーを絞めて、歯にかかる力を調整していました。

そのため、1ヶ月の間に歯を動かす力を一度にかけていましたが、インビザラインの場合は2週間ごとにマウスピースを取り替えるため、2週間分の力で済むようになります。

④発音に影響が少ない

固定式のワイヤー矯正の場合、慣れるまで発⾳がしづらいことがあります。

特に歯の裏側にワイヤーを装着する舌側矯正装置では、見た目は気になりませんが、⾆の先が器具にあたるため、治療初期はかなりの不快感があります。

インビザラインに使用するマウスピースの厚さは1mm以下で、発⾳への影響が少ないまま矯正治療ができます。

⑤外傷が少ない

ワイヤー矯正の場合、食事やスポーツ時に金具が唇の内側と擦れてしまい、口内炎ができてしまうなどのトラブルが起きやすいです。

インビザラインだとマウスピースを⾃在に取り外しできるため、こうした問題が起きにくく、矯正治療中も安⼼です。

⑥⾦属アレルギーを起こさない

金具を使わないため、⾦属アレルギーの⽅でも安⼼して矯正治療を受けていただけます。

⑦矯正治療中の歯磨きが楽

従来のワイヤー矯正の場合、ブラケットやワイヤーなどが1年間以上も⼝の中に固定されます。

⾷べかすやプラークなどの汚れが溜まりやすくなってしまい、⾍⻭や⻭周病のリスクは上がります。

これまでワイヤー矯正を終えた患者様をたくさん診てきましたが、虫歯になっていたり、着色で歯が黄色くなってしまっている患者様が少なくありません。

インビザラインでは、マウスピースを外した状態で⻭磨きや⻭間清掃ができるため、⾍⻭や⻭周病リスクを抑えながら矯正治療ができます。